CASIO COMPUTER CO.,LTD._20040613111349.j

MR2 SW20

時は1989年。

トヨタが発売したミッドシップスポーツカー、それがSW20型MR2。

F1に代表されるレーシングカーにおいては、エンジンをホイールベース内車体中央に配置し、後輪を駆動するMR(ミッドエンジン・リヤドライブ)レイアウトが採られています。

これと同じMRレイアウトを一般消費者の手の届く価格で実現した希少なピュアスポーツカーがMR2なのです。

世間的には「珍しいクルマ」SW20型MR2はなんと10年にも渡って生産され、5回のマイナーチェンジがありました。

実はSW20については2回購入していまして、初代は3型G-Limited、2代目は5型G-Limited。NA(自然吸気)と呼ばれるノンターボ車なのでパワーもそんなにないですし、何よりメンテナンスが大変。ネジに手が届かない。笑

リヤにエンジンを搭載するミッドシップは実はどのクルマもリヤヘビーで、その理由はハイパワー故のトラクションだと言われています。SW20の前後重量配分は42.3:57.7で、実はNSXと同等です。

パワーがあるからトラクションがかかるリヤヘビーが良い。ぼちぼちのパワーなら重量配分の良いFDやS2000、FFのシビックRやインテグラRの方がいいスポーツカーなのです。

つまり空力もなくてセッティング余地もない、NAで200ps、1,260kgのSW20がMRで有利になる理由など別にないのです。

ではなんでSW20なのか?2台も買ったのか?



カッコいいからです!以上!笑

​そんなSW20が好きで、メンテしたりいじったりしながらじっくり乗っております。

 

​初代SW20 GTウイング仕様

バンパー以外最終型。

3連メーター後付。夏は沸騰w
東吾妻山にて。
結構乗るんすw
バンパー5分割修理中。
240,000km走行達成!
トランクも結構入るんす。
ジャッキアップは朝飯前。
ヒューズは切れたら換えれば良し!
雪は苦手w
山中湖。このあとはもちろん道志みち。
航空博物館にて狙って撮った写真。
SW20イベント企画してオプション取材中。
やっぱりサーキットが似合う車。
雨でも走ります。
1代目最終形態。
下に潜るのは基本、トランクにも入ります。
7点ロールバー、当然狭いですw
二人いると整備はちょっと楽。
結構乗りますアゲイン。
2代目は220,000kmスタート。
サーキットでの車高はタバコ以下w
サーキットは楽しい。暑いけどw
雪が積もるとエンジンルームが大変w
ラジエター換装中。
サンルーフ意味なしw
ウマ必需品。
これが最終形態のバンパー。
1代目フルバランスエンジン。
ゲームでも同じ車を作る人w
ビニテで落書き。笑
IMG_3187.JPG
IMG_3129.JPG
IMG_3177.JPG
IMG_2879.png
IMG_3029.JPG
IMG_2876.JPG
IMG_2852.JPG
IMG_2880.png
IMG_2389.JPG
IMG_2840.JPG
IMG_2777.JPG
IMG_1642.JPG
IMG_1696.JPG
IMG_2258.JPG
IMG_1646.JPG
IMG_1743.JPG
1代目のエンジンはフルバランス。
3D51367C-D5ED-454C-BAE1-3B0584F787B5-543
EBB450EF-5F6E-499D-A1D4-CBBE5D00A348-543
AD90F698-D31C-4065-B17F-77A8F1BF8232-543
2060BB4B-6E5F-4EDD-8747-82958B9CD65E-543
9EFFD9C3-1489-4C7F-9603-EB4411D9651B-543
9F87B58C-EF96-4419-B8ED-B24CA192F94A-543
6F4200CF-5B14-4C46-B4FA-4ADFB7EA6A80-543
2F87692C-0D55-4789-BAE3-87C7A3687997-543
DoCoMo_20050828190015.jpg
DoCoMo_20050626150739.jpg
 

SoundWorksK Website

  • Twitter

©2019 by Takahiro"koita"Koizumi