MR2 SW20

時は1989年。

トヨタが発売したミッドシップスポーツカー、それがSW20型MR2。

F1に代表されるレーシングカーにおいては、エンジンをホイールベース内車体中央に配置し、後輪を駆動するMR(ミッドエンジン・リヤドライブ)レイアウトが採られています。

これと同じMRレイアウトを一般消費者の手の届く価格で実現した希少なピュアスポーツカーがMR2なのです。

世間的には「珍しいクルマ」SW20型MR2はなんと10年にも渡って生産され、5回のマイナーチェンジがありました。

実はSW20については2回購入していまして、初代は3型G-Limited、2代目は5型G-Limited。NA(自然吸気)と呼ばれるノンターボ車なのでパワーもそんなにないですし、何よりメンテナンスが大変。ネジに手が届かない。笑

リヤにエンジンを搭載するミッドシップは実はどのクルマもリヤヘビーで、その理由はハイパワー故のトラクションだと言われています。SW20の前後重量配分は42.3:57.7で、実はNSXと同等です。

パワーがあるからトラクションがかかるリヤヘビーが良い。ぼちぼちのパワーなら重量配分の良いFDやS2000、FFのシビックRやインテグラRの方がいいスポーツカーなのです。

つまり空力もなくてセッティング余地もない、NAで200ps、1,260kgのSW20がMRで有利になる理由など別にないのです。

ではなんでSW20なのか?2台も買ったのか?



カッコいいからです!以上!笑

​そんなSW20が好きで、メンテしたりいじったりしながらじっくり乗っております。

 

​初代SW20 GTウイング仕様

バンパー以外最終型。

 

SoundWorksK Website

©2019 by Takahiro"koita"Koizumi